無職 カードローン

無職でも借りれるカードローンがあるというのは本当ですか?

『無職でも借りれるカードローンがあるというのは本当ですか?』

 

私はアルバイトをしながら正社員として働ける職場を探していたのですが、アルバイトを急にクビになって無職になってしまいました。わずかばかりの貯金を切り崩してなんとか生活していたのですが、この先の生活費は確保できそうにありません。それで、カードローンでお金を借りたいのですが無職でも借りれるカードローンがありますか?

 

 

◇無職の人がカードローンを利用できるか?

アルバイトを急にやめなければならなくなったわけですね。大変でしたね。今後の生活費のためにカードローンでお金を借りたいとのことですが、残念ながら全く収入がない無職の方がカードローンで借りるのは原則としてできないのが現状です。ただし、年金受給者や無職でも親からの仕送りのある学生、配偶者に安定した収入がある専業主婦はカードローンでお金を借りれる場合があります。

 

◇無職の専業主婦はカードローンに申し込める

無職の専業主婦は配偶者に安定した収入があればカードロに申し込むことができます。銀行カードローンも可能ですし消費者金融でも借りれます。ただし、消費者金融で専業主婦がカードローンの契約をするには、本人確認書類のほかに「配偶者の同意書」と「婚姻関係を証明できる住民票や戸籍抄本」などの書類が必要になります。

 

◇無職の人は絶対にお金を借りれないか?

無職の人がカードローンでお金を借りるのは原則としてできないとお話ししましたが、ある状況では無職の人にもお金を貸す消費者金融があります。それは、派遣社員として働いていて、今は無職だが派遣先は決まっているという場合や、無職だけど雇用保険を受け取れる見込みがあるという場合です。ただし、消費者金融の中にはヤミ金もあるので安易に利用することはお勧めできません。また、中にはアリバイ会社を使ってカードローンに申し込む無職の人がいますが、これも大変危険なん事なのでやめてください。アリバイ会社では架空の社員証や源泉徴収票などを発行します。また、在籍確認の電話にも対応します。無職の専業主婦がカードローンに申し込む場合、審査を有利に進めるためにアリバイ会社を利用するというケースもあります。アリバイ会社を利用して融資を受けることは詐欺行為ですから絶対にやめましょう。

 

◇無職の人が申し込める安全な借り入れ先

無職だからこそ生活費を借りたいわけですが、このように無職の人が安全に借入するのは難しいです。それで、無職の方はカードローンではなく、公的な貸付制度を利用することをお勧めします。

 

やばい