返済できない

カードローンの返済ができなくなったらどうしたらいい?

カードローンはとても便利で気軽に利用できるのであまり考えずに使ってしまう方も多いようです。
その結果、「ほしいものがあれば我慢しないで借金して買う」というパターンが定着してしまい、いつの間にか返済できないほどの借金を抱えてしまうということがあります。また、結婚後、事情で仕事を辞めで専業主婦になりカードローンの返済ができなくなるということもあります。返済が滞りがちになって督促状が届き始めるとかなり焦りますね。では、カードローンの返済ができなくなってしまったらどうしたらいいでしょうか?

 

◇返済できそうにないなら借入先にすぐに連絡する

もし、今月の支払いがどうしてもできないということになったら、すぐに借入先の金融機関に連絡してください。もし、リストラに遭ったとか病気になったという理由で、今月だけでなく今後も返済が難しくなることが予想されるならそのことについても説明してください。必ずしも返済計画を変更してもらえるとは限りませんが、返済しないで放置して心証を悪くさせるよりはずっといいです。

 

◇債務整理をする

返済が難しいことがわかったら債務整理をするという方法があります。債務整理には任意整理、個人再生、自己破産などがありますが、この中で任意整理は弁護士や司法書士に依頼して債権者と交渉してもらい返済額を減らしてもらうというものです。任意整理をして過払い金が発生していれば、債務が0円になって現金も戻ってくるという場合があります。債務がなくならなくても返済額が半減することもあるので毎月の支払いがかなり楽になります。無職の専業主婦がカードローンの支払いができなくなった場合でも任意整理は裁判所を通さないので、家族に内緒で行うことが可能です。個人再生は原則3年以内に減額された債務を支払うというものです。住宅を失うことなく債務整理ができます。自己破産は債務が0になりますが、住宅や高価な少輔物は手放さなくてはなりません。20万円以下の預貯金は手元に残すことができます。自己破産は返済のストレスから解放されるので再出発がしやすいというメリットがあります。

 

◇返済ができないという事態にならないようにするには

カードローンはローンの中でも気軽に利用できるもので、学生や無職の年金受給者、自営業、専業主婦でも借りれるカードローンもあります。専業主婦は銀行カードローンなら家族に内緒で借りれるので、ご主人に内緒で申し込む方も少なくありません。便利なカードローンなのですが、安易にカードローンを利用するのはお勧めできません。カードローンは他のローンに比べると金利がかなり高いので、できれば利用しない方がいいんです。借金をしないで自分の経済力の範囲で生活するのがベストです。もし利用するなら、本当に必要な時だけ必要最低限を借りるようにしてください。

 

お金ないよ